相続税の申告期限と相続放棄

ホーム / 相続税の申告期限 / 相続税の申告期限と相続放棄

故人の遺産を単純に承認した場合、相続税の申告期限は故人の命日の翌日より10か月以内となることが多いですが、相続は単純承認だけが選ばれるわけではありません。
ときには相続放棄が選ばれることもあります。
このときの申告期限はどうなるのでしょうか?

まず放棄を選んだ相続人の申告期限については、もう気にする必要はなくなります。
放棄とは最初から相続人ではなかったと扱われますから、これをした場合、相続税の申告義務もなくなります。
ですからいつが申告期限だろうと、相続をしなかった時点でもう関係がなくなるのですね。

また、この放棄をするための期限は、相続開始を知ってから3か月以内です。
この期間なら、相続を一切しないという選択もできるのですね。
そしてこの期間は相続税の申告期限より短いですし、相続税の申告にはかなりの手間がかかるため、放棄の選択よりも先に相続税を支払うといった事例はあまりないのです。
そのため一度放棄をすれば、もう相続税のことはその申告期限も含めて気にする必要がなくなることがほとんどです。

では放棄を選んだ方が出たことで、新しく相続人に確定した方の申告期限はどうなるでしょうか?
もし相続をしない選択をした方が出た場合、次の順位の候補者に相続権が移ります。
たとえば故人には配偶者はおらず、唯一の相続人だった子供が相続を放棄した場合、故人の両親や祖父母、故人の兄弟姉妹へと相続権が移っていきます。
自分より順位の高い候補者の放棄により、初めて相続人へと確定した方の場合、相続税の申告期限は、その放棄が確定した日が起算日となるのです。

相続を一切したくない場合は、家庭裁判所へその届出をしないといけません。
そして正式にこれが認められたら、その日をもって相続権が移るのです。
放棄によって相続人に確定した方にとっては、その手続きが家庭裁判所で受理され、その通知がされたと知った日の翌日から自分の相続が開始されるわけですから、相続税の申告期限の起算日もそこになるのですね。
放棄があった場合はこのように判断にしてください。